江田島市在住4歳、6ヶ月の男の子のママセラピスト

たかはしです♩
私が所属しているロイヤルセラピスト協会RTA)では、

赤ちゃんの成長に合わせた親子のコミュニケーションについて学べるカリキュラムがあります。

生まれたばかりの赤ちゃんとの肌のふれあいから親子の絆を深めるベビーマッサージ。
まだお話ができない赤ちゃんとママがお互いの気持ちを伝え合えるファーストサイン。

0〜10歳までの毎日のスキンケアを学び親子のふれあい時間を濃く過ごせるベビースキンケア。

今日は、我が家のファーストサイン体験談を少しお話させてください^^

なんでも握る、口に入れる を楽しんでいるのは、6ヶ月の次男
私の髪も もちろん 握られ、口に入れられそうになることも多々あります

そんなとき、

「痛いよ〜やめて〜」と伝えてきました。

そして、そんなとき4歳の長男も

「痛いよ〜だめよ〜。」

と、次男に伝えてくれます。

弟の目をみて、

表情、声色、手の仕草をつかって。

長男のこまった顔、優しい声、いたいのファーストのジェスチャーで伝えているんです。

これ、実は

ファーストサインなんです!

人に気持ちを伝えているんです。

そして、そんなおにいちゃんを、次男はじっと見つめていました。

人に気持ちを伝えたいとき

人の気持ちを知りたいとき

人は、見ることから始まります。

気持ちが伝わらないと

手足をバタバタしたくなったり…

大きな声を出したくなったり…

噛みつきたくなったり…
します。

わかります!
私も伝えたいことを聞いてもらえなかったら、

わかってもらえなかったら、

も〜!!!大きな声を出したくなります。
大人気ないですね(笑)

でも、この気持ちは、赤ちゃんだって同じ。

お話ができない赤ちゃんなら、なおさら
もーーーー!!!の感情のやり場に困っちゃうかもしれませんね。

そんな赤ちゃんが自分の気持ちを表現できる

赤ちゃんの気持ちを受け取れるママになれる

それがファーストサインなんです♡

自分の気持ちを表現し、

人の気持ちを受け止められる兄弟でいてほしいなと、思います。

これからの2人のコミュニケーションが楽しみです^^♡